筋トレドクター

医師国家試験の解説や医学知識、雑多な日常をつらつら載せてます。

循環器の発展事項1問1答

1.無症候の慢性心不全患者にACE-Iは投与する?

する。

2.心筋酸素消費量の決定因子3つ?

心拍数、収縮期血圧、心筋収縮性

3.Forrester分類のそれぞれの基準は?

心係数2.2、肺動脈楔入圧18

4.Swan-Ganzカテーテルで左室拡張期圧は評価できる?

できる。

5.Swan-Ganzカテーテルで心拍出量は評価できる?

できる。

6.てんかん(けいれん)を疑うときに聞く質問といえば3つ?

「倒れた後舌を噛んで吉から血が出ませんでしたか?」

「呼吸が早くなって手足が痺れてきませんでしたか?」

「倒れた後30分程度意識がもうろうとしていませんでしたか?」

7.Brugadaの負荷試験は?

ピルジカイニド(Naチャネル遮断薬)

8.Brugadaの発作予防薬は?

β遮断薬経口投与

9.Brugada心電図が見られるだけの患者の現時点での対応は?

EPS(電気生理学的検査)

10.陳旧性心筋梗塞患者の再発予防に有用な薬2つ?

アスピリン、スタチン

11.ステント留置後の胸痛で聴診所見に変化がないときの疾患は?

ステント血栓症

12.心機能低下の副作用がある抗不整脈薬は?

Ⅰa群とⅠc群

13.冠攣縮性狭心症を誘発するものは?

副交感神経

14.我が国の冠攣縮性狭心症が多い人は?

常習飲酒者

15.ベニジピンとは?

Ca拮抗薬

16.IEで見られるOsler結節とは?

指先・趾先の皮膚・皮下に現れる有痛性紅斑

17.IEで見られるJaneway病変とは?

手掌、足底にみられる痛みを伴わない直径5mm以下の形が不規則な紅斑

18.IE心不全や脳塞栓が合併した場合の治療は?

手術適応(真菌性も)

19.IEの感度が高い検査は?

経食道心エコー検査

20.IEの急性期の手術適応となるもの3つ?

膿瘍形成、心不全悪化、反復する塞栓症

21.IEに抗菌薬を使用するとしたら?

セフェム系

22.開心術において心筋保護が完全に行われている場合、心臓虚血の安全限界とされている時間は?

4時間(部屋10℃で寒い。)

23.血管吻合に用いられる針は?

丸針

24.皮膚吻合に用いられる針は?

角針

25.小血管吻合に用いる糸は?

モノフィラメント糸

26.3〜4mm径の動脈にグラフトとして用いる血管は?

自家大伏在静脈

27.血管吻合での注意点は?

内膜と内膜が外翻するようにする。

28.冠動脈の拡張期、収縮期の血流は?

左は10:0、右は1:1

29.心臓移植の年齢制限は?

60歳未満

30.冠動脈バイパスで大伏在静脈ではなく右胃大網動脈を使う時は?

基部石灰化があるとき(縫えない。)

31.冠動脈バイパス術におけるグラフトで長期予後が最も良好とされる血管は?

内胸動脈

32.Bland-White-Garland症候群の診断に有効な検査は?

右冠動脈の選択的造影

33.Bland-White-Garland症候群の治療は?

大動脈-左冠動脈バイパス術

34.僧帽弁閉鎖不全症でより長期予後がいいのは弁形成術?弁置換術?

弁形成術

35.房室弁に付着する腱索が牽引されるのはいつ?

心室収縮時

36.TAVIで治療する弁膜症は?

AS

37.Ⅲ音といえば?

容量負荷

38.収縮中期クリックといえば?

僧帽弁逸脱症

39.僧帽弁逸脱症が好発するのは?

40.僧帽弁閉鎖不全症にアルブミン製剤は使う?

使わない。

41.僧帽弁狭窄症でⅢ音ある?

ない。(左室負荷がなく、容量負荷がないから。)

42.心エコー検査で僧帽弁口面積は測定できる?

できる。

43.心房細動を合併しやすい弁膜症は?

僧帽弁狭窄症

44.僧帽弁領域はどこ?

心尖部

45.房室伝導抑制作用のある薬剤5つ?

プロプラノロール、ベラパミル、ジルチアゼム、ジギタリス、ATP

46.慢性心房細動にジギタリスは適応?

適応

47.大動脈弁の音をより大きく聞くには?

座位で上半身を前傾させる。

48.大動脈弁狭窄症の予後不良の症候とその予後は?

狭心痛は5年、失神は3年、心不全は2年

49.頸動脈波の鈍い立ち上がりといえば?

大動脈弁狭窄症

50.低左心機能例ではエコーの圧較差近似式を使うと重症度はどうなるか?

過小評価する。

51.高安動脈炎のHLAは?

HLA-B52

52.高安動脈炎に関わる遺伝子は?

MICA遺伝子

53.高安動脈炎で起きやすいものは次のうちどれ?心不全脳出血、急性腎不全。

心不全脳出血

54.高安動脈炎で頸部血管雑音はある?

ある。

55.高安動脈炎にトシリズマブの適応はあるか?

ある。(ヒト化抗IL-6受容体モノクローナル抗体

56.収縮性心膜炎はいつの病気?

拡張期(拡張障害)

57.収縮性心膜炎の心陰影の特徴は?

正常大の心陰影

58.右室と左室の拡張末期圧の差は?

同じ

59.収縮性心膜炎で頸静脈怒張はある?

座位で見られる。

60.収縮性心膜炎で胸水や服水は見られる?

胸水も腹水も見られる。

61.収縮性心膜炎の治療法は?

心膜切除術

62.Mモード心エコーで鑑別できるのは?

MSとMR(MRはHOCMに合併しうる。)

63.Mモード心エコーでMSとMRを鑑別するには?

左室圧のグラフは、正常は下図の上の通りである。

f:id:web-shikentaisaku:20201223211004j:image

収縮期はM弁は通常閉じていて動かない。

MSでは上図の中央のように、ツノのない台形となる。

MRでは上図の下のように、ツノの後ヘコまず盛り上がる形となる。これはHOCMを示唆する。

64.大動脈弁の収縮中期半閉鎖といえば?

HOCM

65.HOCMの治療薬となるCa拮抗薬は?

ベラパミルやジルチアゼムなどの非ジヒドロピリジン系(〜ジピンなどのジヒドロピリジン系は血管拡張作用が強い。)

66.拡張型心筋症の機序は?

コクサッキーウイルス感染→心拍出量低下→RAA亢進

により、心筋の線維芽細胞に発現するアンギオテンシンⅡ受容体が反応して心筋リモデリングが進み、さらなる心不全となる。

67.ドブタミンとドパミンの違いは?

ドブタミンは心ポンプ機能を上げることによる心拍出量増加と末梢血管拡張作用の2つの機能がある。つまりそこまで血圧上昇作用はなく、血圧が安定すると使いやすい。肺水腫には良い適応である。

ドパミンは昇圧薬である。

68.悪心と腹部症状を訴え、急性胃腸炎を疑ってしまうクリティカルな疾患4つ?

急性心筋炎、糖尿病性ケトアシドーシス、Addison病、アナフィラキシー

69.左房粘液種でレイノー現象はでる?

粘液種の成分はグリコサミノグリカンでネチョネチョしているため、それが指先に詰まることで現れる。

70.左房粘液種で関節リウマチ様症状がでる理由は?

腫瘍からIL-6が産生され、血中γグロブリンも上昇するため。

71.心房・上室性には無効の抗不整脈薬は?

リドカイン(Ⅱb群)

72.心筋下壁を栄養する冠動脈は?

右冠動脈

73.CHADS2スコアとは?

心不全、高血圧症、年齢75歳以上、糖尿病、脳梗塞or一過性脳虚血発作の既往の5項目からなる心房細動における抗凝固療法の基準(2点がカットオフ、脳梗塞orTIAの既往はそれだけで2点入る。)

74.DOACを導入する前に必ず確認するデータは?

クレアチニン(腎機能の確認)

75.心房細動が発症して48時間を超えた後のカルディオバージョンが禁忌の理由は?

心房細動が発症して48時間を超えている症例では左心房内に血栓が形成されている可能性が高いと判断される。心房細動により形成された血栓は洞調律になった瞬間に飛ぶとされている。そのため、カルディオバージョンやアブレーションにより洞調律にしてしまうと血栓が飛ぶ可能性があるから。

76.ダナポイント分類とは?

肺高血圧症の分類である。主に左心系の鬱血と狭窄の2つに分類する。前者はMSやAMIなどである。後者がメインである。後者は強皮症、MCTD、SLE、肺塞栓症、IPHなどである。特に膠原病では強皮症とMCTDがメインである。

77.肺高血圧症で右軸変位はある?

ある。

78.肺高血圧症のV1誘導の特徴2つとその理由は?

R波増高

V1では右心系と近くにあるため。R波は右心系、S波は左心系を表している。

肺性P波(Ⅱ、Ⅲ、aVF誘導にて主に出現する。)

右房の拡張によりその起電力が増大して振幅が増大するため。下図の様になる。

 

79.たこつぼ心筋症の好発者の特徴は?

高齢女性

80.たこつぼ心筋症の発作の誘因は?

大きなストレス

81.たこつぼ心筋症の心電図変化は?

aVR誘導でのST低下

82.左冠動脈主幹部を責任病変とする急性心筋梗塞の心電図変化は?

aVR誘導でのST上昇

83.乳児のときに発見されにくい先天性心疾患2つ?

PS、ASD(肺動脈弁の無害性雑音と区別が難しいため。)